スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

墾田 三世一身法、墾田永年私財法について

スポンサードリンク

三世一身法、墾田永年私財法についてです。

三世一身法は、

A、私有を認可するが期間が決められている。 

B、期間が過ぎたら国が没収する

墾田永年私財法は、

A 開墾地は永久に私有することを認める(三世一身法のように、私有期間を設定しない)

B、租を徴収する

C、開墾制限が設定されている。

という内容でいいでしょうか?何やら三世一身法で租を徴収していたとかいう先生がいたので、どうなのかと思いまして。それとも墾田永年私財法から徴収していたと考えてよいのでしょうか?



「公地公民の原則に従って、朝廷は班田収授法に基づき人民へ口分田を与え、  『租税を納める義務』 を課した。この原則は、701年に制定された大宝律令にも継承され、律令制の根幹原則となった。しかし、奈良時代に入ると三世一身法や墾田永年私財法により、人民による土地の私有が認められると、土地の公有という公地公民の原則が次第に形骸化していった。そして、土地私有によって荘園が盛行すると公地公民制は崩壊し、公地公民を原則とする律令制も瓦解への道をたどった。」wikipedia 公地公民 従来の見解

ということですが、三世一身法(墾田永年私財法も?)の記述には

租税の徴収に関する記述は見つかりませんでした 



スポンサーサイト

2008年06月11日 未分類 トラックバック:- コメント:-

<< 攻殻機動隊2.0 IT業界とは何か | セレクト記事TOP | インターフェイス インターフェイス同士のキャスト >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。