スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

セイコー グランドセイコーとクレドールについて

スポンサードリンク

セイコーの高級時計のブランドに”グランドセイコー”と

”クレドール”がありますが、両者にはどういう違い(商品

コンセプト、対象ユーザー 等)があるのでしょうか。

価格帯からすると、”クレドール”の方が少しグレードが

高いようですが、ネーミングからすると”グランドセイコー”

の方がセイコーのイメージリーダーのような気がします。

何れも外国の高級時計に勝るとも劣らない魅力をもった時計

だと思います。

ご存知の方がおられましたら教えてください。



こんばんは

じつは現在はグランドセイコーが力をつけていますが

その前までは

グランドセイコーはほとんど元気がなくて

風前の灯でした

キングセイコーのあとグランドセイコーを出しましたが

世の中はバブルに走っていて

堅実な時計はあまり好まれませんでした

SEIKOのドレスウオッチ部門として

クレドールがその分野を担うわけですが

防水も日常生活防水などで

貴石を入れたり薄型にしたりで特色を出していました

バブルがはじけその後

それまで、ドルチェエクセリーヌの上に

クレドールがあった訳ですが

ドレスウオッチでない堅実な時計を作ろうと

グランドセイコーが息を吹き返します

当初発売された時は

男性用のみだったんですよ

出足が好調なことを受けて

シチズンで、ザ・シチズンの発売を始めます

話が長くなりスイマセン

なので、グランドセイコーはある意味よみがえってきてくれたわけです

もともと、スイスなどでは日本製の機械の評価が非常に高く

クロノメーター証明書などを発行する

教会などでは

恐るべし日本と言う感じでした

それで、クロノメーター至上主義が薄くなったとまで言われています

日本の機械は世界一なんですよ

もともと、伝統芸能の世界などでもわかりますが

日本人の手先の器用さ

そして、水がきれいな土地と言うのは

世界で誇れますので

現在、クレドールとグランドセイコーの

市場展開ですが

両方扱っているお店と言うはある程度限られています

デパートや老舗時計店など

クレドールは限られた店舗での展開にして

反対にグランドセイコーは

ある程度市場で見ていただいて、親しみを持っていただく

(親しみもてない金額のものもありますが)

という、コンセプトになっております

ご参考までに



スポンサーサイト

2008年06月10日 未分類 トラックバック:- コメント:-

<< セイコー セイコーのワイアードってどんな腕時計ですか? | セレクト記事TOP | 大阪教育大 大阪教育大学か地元国立大学か・・・ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。